初めての賃貸契約、どんな点に注目する?

初めての賃貸契約!契約書には面倒でもしっかり目を通そう!

賃貸契約書を目にするのは、ほとんど契約をすることを決めた後であることが多いので、口頭による説明を受けているためあまり書類に目を通さない、または目を通していてもあまりその内容に気を留めないという方も多いものです。しかし、契約書にサインをする以上、その内容には責任が生じます。家の賃貸借契約は、民法や借地借家法による保護が与えられていますが、必ずしもそれに従った契約書になっているとは限りません。もちろん法律が優先されますが、契約することで特約として例外が認められる場合もありますし、そもそも法を軽視するような賃貸借契約書を作成するような大家の場合には、将来紛争が生じる可能性が高いと考えられます。
たとえ面倒でも、契約書には目を通し、自分に不利になっている条件については説明をよく聞き、すぐに契約するのではなく、一旦持ち帰って再検討することをおすすめします。

将来発生しそうなコストも気にかけよう!

面倒な賃貸契約を済ませると安心してしまいますが、実は月々の支払いだけでなく、契約更新時や契約終了後にもコストは発生します。家の場合には、更新のたびに家賃と同額かそれ以上の更新手数料を取るところもあれば、退去後何かと理由を付けて敷金を返してもらえないことも多いのです。
敷金についてはトラブルがとても多いため、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」というものを出しています。なるべく予め勉強しておくといいでしょう。残念ながら、このガイドラインは必ずしも守られておらず、本来負担する必要のないものまで請求されて敷金から引かれてしまうことが多いものです。それでも、不動産業者などはこのガイドラインの存在をよく知っていますので、それに対抗すべく知識をつけておくだけでも交渉の際に不当に請求される可能性を減らすことができます。入居の際には、引っ越しの前に部屋に損傷のある個所など写真を取って残しておきましょう。自分に責任のない損傷についての請求を避けることができます。
知識をつけ、面倒でもしっかり細かい部分にも気を配ることが自己防衛になりますよ!

© Copyright Let's True. All Rights Reserved.